私がハマってしまったギャンブルは競馬です。

ハマったことのあるギャンブル
ハマったことのあるギャンブル

私がハマってしまったギャンブルは競馬です

49歳 男性
私がハマってしまったギャンブルは競馬です。
主にJRAで、毎週金曜日になると駅の売店やコンビニで競馬新聞を買い、メインレースの出走票を見ます。この時は誰もがリッチな気分で、何故か当たる気がするのです。

競馬の魅力は、100円という小額投資でも、万馬券を当てれば100円が10000円にも50000円にもなるところです。
土日に大敗し、月曜日は二度と競馬をやるのをよそうと誓いますが、水曜日くらいになるとスポーツ新聞を買い、調教の状況や騎手、馬主、調教師のコメントを読んで意気込みを推理し、あらゆる情報を集めます。そして、金曜日になると再び競馬新聞を買い、リッチな気分になります。夢中になっている時はこの繰り返しでした。

でも、競馬には馬券以外にも魅力があります。長年競馬を観戦していると、好きな騎手や応援したいサラブレッドが増えます。スポーツとして観戦する競馬も私は大好きで、最高のロマンがあると思っています。今までも何度、感動と興奮を味わったか分かりません。力強く第4コーナーをカーブして直線に向き、大歓声の中を颯爽と駆け抜ける名馬の勇姿は、一幅の名画です。
ゴール前のデッドヒート。騎手同士の駆け引き。勝利に感涙する関係者とファン。本当に素晴らしいスポーツです。

ギャンブルを超えた要素が競馬にはあります。

Copyright (C)2018ハマったことのあるギャンブル.All rights reserved.