私は若い時から好奇心が旺盛で、何でも首をつっこんでいました。

ハマったことのあるギャンブル
ハマったことのあるギャンブル

私は若い時から好奇心が旺盛で、何でも首をつっこんでいました

55歳 男性
私は若い時から好奇心が旺盛で、何でも首をつっこんでいました。

競馬にはまっていた若い時は、スリルよりも確実に勝つことを考え、少ない配当をより確率の高い方法で選ぶことだけを考えていました。
ある程度利益は出ていましたが、あまりにも単純計算でしたので、勝ってもあまり嬉しくありませんでした。
競馬の仕組みを理解してしまうと、興味が薄れてしまいました。

一番長く続いたギャンブルは、パチンコです。
これも沢山のお金を儲けることで、満足を得ていたのではなくて、自分の技術で玉を出すことに自己満足していたのです。
誰も出すことが出来なかったパチンコ台を出すことに、執着していました。
沢山玉が出てくるようになると飽きてしまい、移動しました。
今は、パチンコのシステムのギャンブル性が強く表われていて、技術よりも確率で判断しているので、10年間それなりにはまっていたのですが、あまり好きではなくなりました。

昔は、勝負というものはお金だけではなく、負けたくないことから技術を磨いていたのだと思います。

Copyright (C)2018ハマったことのあるギャンブル.All rights reserved.