ギャンブルとは、全般的にはまるものだと思います。

ハマったことのあるギャンブル
ハマったことのあるギャンブル

ギャンブルとは、全般的にはまるものだと思います

57歳 男性
ギャンブルとは、全般的にはまるものだと思います。当たれば嬉しくてまたやるだろうし、負ければ悔しくてまた勝負に行く、という繰り返しではないでしょうか。
初めからギャンブルに対して一線を引いている人は、負ければお金が勿体無いとキッパリ手を引く事ができるようです。
私の場合、何事にも夢中になる性格で負けず嫌いな気性であるがゆえに、ギャンブルをするには最も危険な要素を持っていたと言えます。競馬でもパチンコでも小遣いの中でやっている分には良いのですが、負けると悔しくて銀行へ走ってお金を降ろしてまたつぎ込むようになっていきます。それが、負け続けてお金が無くなれば、お決まりのパターンの様にサラキンに借りに行きました。
そうなると、もう自分で自分を制御出来なくなってしまいます。負けを取り戻そうと借金をしては、借金だけがどんどん増えて行くという、最悪の結果になりました。

やがて好きな女性が出来て、デート代にお金を使う方が楽しいと気づいてからは、ギャンブルから遠ざかるようになり、借金も返しつつギャンブルから足を洗う事が出来ました。
結局は、ギャンブルをしない方がお金が貯まるという事を知りました。

Copyright (C)2018ハマったことのあるギャンブル.All rights reserved.