ギャンブルにははまるなという家訓があったため、パチンコは勿論、競馬や競輪などには全く無縁の生活を送っていました。

ハマったことのあるギャンブル
ハマったことのあるギャンブル

ギャンブルにははまるなという家訓があったため

44歳 女性
ギャンブルにははまるなという家訓があったため、パチンコは勿論、競馬や競輪などには全く無縁の生活を送っていました。

しかし、夫は賭け事が大好きで、夫と付き合うようになってからパチンコなどへ連れていってもらったりして、ギャンブルというものを身近に感じるようになりました。
それでもハマるまではいかず、夫も子供が生まれてからは、ギャンブルから足は遠のきました。

そうは言っても、一攫千金の夢というものは捨てられるものではありません。最近は、家族でロトや宝くじなどを購入して、いつか大金を手に入れたいという夢を追い続けています。スクラッチなどもするのですが、これは少額ですが当たる確率が高いのが嬉しいです。
はずれが続くと、もう購入するのは辞めようという気になってしまうのですが、少額でも当たると、次回は大金が当たるかもしれないという可能性を見つけられたような気がして、また買ってしまうということを繰り返してしまいます。

Copyright (C)2018ハマったことのあるギャンブル.All rights reserved.